スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
比叡山延暦寺  阿弥陀堂にて
2009-08-14 Fri 09:19
比叡山延暦寺にいってきました。たぶん初めて(子供の頃にいったかもしれない。。)
京都から車で30分程度走り、琵琶湖もみえる山腹のど真ん中にありました。

比叡山といえば延暦寺、延暦寺といえば、最澄の天台宗、、だけかと思ったら、なんと日蓮や親鸞もここで修行をしていたようですね。たくさんの日本を代表する僧侶の方々の坐像が大講堂に祀られていました。

京都からは、ちょうど鬼門といわれる北東の方角にあることから、延暦寺は、京都を守る位置づけ(役割)もあったようです。

さて、、このなかで、私が一番気に入ったのは、実は、この「水の落ちる音」でした。

天まで届きそうなぐらい背の高い立派な杉や、数々の国宝クラスの仏像も、それはそれでみごとでした。

が、やはり、大自然の静寂の中、水がひたひたとしたたりおちる音は、自分の存在と、自然とのかかわりを一番、五感で体感できて、すてきだなぁと。。

しみじみとした夏のひとときでした。


スポンサーサイト
別窓 | Japan (日本) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<奈良の燈下会 | 世界の街角から | 日本のマチュピチュ そして すばらしき地球>>
この記事のコメント
私もこの水の音が好きです。
お寺さんごとに微妙に音が違いますね♪
耳を澄ませ、目を閉じてしばし自分の世界に。

比叡山だいぶ前に3月に行きました。
途中から雪が降り、なんともいえない静寂の時を見ることができました。

この時期涼しかったですか?
2009-08-14 Fri 11:56 | URL | sachicoron #N6JWLqbk[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。