スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
どこかで聞いたことのある曲
2007-10-29 Mon 13:50
今日はオペラの話にします。

この曲は、誰しも一度や二度、聴いた覚えのある曲だと思います。

ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni)という19世紀末イタリアのオペラ作曲家による代表作「カヴァレリア・ルスティカーナ」(Cavalleria Rusticana 「田舎の騎士道」での間奏曲 Intermezzo cavalleria rusticana として有名です。

内容は、好きな人のために決闘して死んでしまう、ちょと悲しいけど、ちょっとすてきなイタリア、シチリア島でのお話(小説)をもとにしたオペラです。

オペラというのは、欧州文化の総結集みたいなものじゃないかと思っています。イタリアで生まれ、フランス、ドイツと広がり、いまは形をかえてブロードウェイやショーエンターティンメントに昇華しているのですね。単に人々の楽しみであるだけでもなく、作品によっては、時の権力者への圧政などに対抗するための表現手段としても意味もあったようです。

私は、このオペラ作曲家というのが、よくわからなかったのですが、あのモーツァルトでさえ、そういうタイトル(言われ方)をするというのは恥ずかしながら、最近知ってびっくりしました。たしかに、フィガロの結婚、魔笛などが有名ですね。オペラはみたことがなくてもこれらのオペラ(歌劇)で使われる名曲はよく耳にするのではと思います。

なかなか日本ではほんもののオペラを観る機会は少ないと思いますが、季節があえば、ぜひ欧州にいかれる方は、オペラにチャレンジしていただきたいと思います。

スポンサーサイト
別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
<<世の中を動かすもの | 世界の街角から | ブロードウェイ ミュージカル>>
この記事のコメント
ドイツで「ドン・ジョヴァンニ」のオペラを観ました。
日本でも何回かオペラに行ったことがあるんですが、やっぱりヨーロッパは素晴らしかったです。
また行きたいな~。
2007-10-29 Mon 18:05 | URL | 夢子 #-[ 編集] | top↑
いいなぁ、、私はまだみたことがないのです。。いつも時期はずれにいってしまうので。。次回こそ、ぜひチャレンジしたい!
2007-10-30 Tue 09:10 | URL | ラッキー #-[ 編集] | top↑
私の留守に来たのね、香りが残ってたんでわかったと~、
今度来るときは声かけてくさい、じゃ無い!、声かけてください。
美味しい美味しいお茶とケーキ?合わないか、コーヒーとケーキ用意しておきます。
2007-10-30 Tue 18:33 | URL | さくらPaPa ≡⊂⌒⊃≡ Slow lif #yjwl.vYI[ 編集] | top↑
おはようございます
昨日はコメントありがとうございました。

昨日はスピーカーをつけていないところだったので聞けなかったのですが、今日は音楽ききました
大聖堂の中での音楽なんだかしみじみと・・・
2007-10-31 Wed 09:21 | URL | さくらPaPa ≡⊂⌒⊃≡ Slow lif #Go1Dr4V.[ 編集] | top↑
こんなの聞いたら感動して泣いちゃ(ノ_<。)ウ・・・ウゥ・・・
子ども達の合唱きいてないちゃうのよ
2007-10-31 Wed 14:08 | URL | 福岡お姉ぇ #-[ 編集] | top↑
>さくらPaPa さん
聴いていただけてよかった。またお邪魔しにいきますね。コーヒー飲みたいなぁ。

>姉さん
お、、、っと。姉さんらしくないような??そんなことはないですよね。はい、わかってますよ。

ほんと、なぜか、、こう、感傷的になれる曲だと思うんです。しみじみ、、きます。
2007-10-31 Wed 19:36 | URL | ラッキー #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

古い映像であるが、懐かしい思いもあって、とっても鮮明に見える。もう亡くなってしまったプライやポップもとっても若々しく明るく、またとっても巧い歌を聴かせてくれるし、かなりの高齢でありながら、長丁場を振り通したベームの姿が見られるのも嬉しい。保守的でありなが …
| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。