スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ピサの斜塔 ヨーロッパの教会の形
2007-08-17 Fri 16:38
57969732.jpg

ピサの斜塔は、斜塔ばかりが注目されがちですが、その目の前に立つ教会(ドォーモ)もなかなかのものです。

この写真はピサの斜塔の一番上の展望台からみたドゥーモです。よくみてください。屋根の形が上からみると、、何かに似てませんか?そう、十字架です。

キリスト教国家にとって教会は重要で、その形もいろいろなことを考えて造られていると思います。どの教会も、その聖堂内は必ず高くて広い空間があり、上の方に窓を置き、光が差し込むよう、つまり必ず信者の目線が上(天)を向くようにしている、そう感じます。

私はキリスト教徒ではありませんが、教会にいくといつもこころが落ち着くので、よくヨーロッパにいく際は、地元の小さな教会でも立ち寄りますが、だいたい同じ構造をしています。

文化というのは、深いものなんですね。

写真:左上から右下へ

ピサ斜塔頂上の旗、下から見上げた斜塔、頂上から見下ろしたショット、十字架の形をしたドゥーモ

十字架ピサ迫力

 

 

 

 

ピサ頂上から2ピサ十字架

スポンサーサイト
別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<遥かなる万里の長城 (司馬台) | 世界の街角から | イギリス ロンドンと郊外>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。