スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
中世の面影を感じるヴェネツィア(ベニス、ベネチア)
2007-09-19 Wed 10:39
ベネチア(ヴェネツィア)、ベニス、いろんな言い方があり、古くから商業立国としてその名を馳せたイタリアの人気都市ですが、私はなぜか、まだ一度もいったことがなかったのです。

そして昨年末、ついに念願かない、欧州歴訪中に立ち寄ることができました。ミラノから電車でいったのですが、イタリアは遠距離の列車チケットを当日でも簡単に駅構内の自販機で買えるので、言葉がしんどい外国人客でもかんたんに自分でチケットを買える点がすばらしい(とかいってまたイタリアびいき;;)。

さて、列車ではいったヴェネツィア。すぐに友人が迎えにきてくれ、ホテルに。ところがなんと予約がとれてなかった(実は自分のミスだったことに後で気がつく)。そこはなんとか交渉して、普段使わせないという部屋をひとつ無理にあけてもらえた。すごくゴージャスな部屋で、でもなぜかシャワーだけがなかったんですね。翌日すぐチェンジしてもらえましたが。

さて、街の第一印象は、ある意味とても欧州らしい都市だということです。まるで時間がとまったかのような印象を受けます。迷路のような道は自分の宿泊ホテルに戻るのさえ邪魔するかのよう。そして人々が予想以上にやさしくてあたたかい。イタリアでは北部の方なのに(これは私の偏見ですが、南にいくほどイタリア人は陽気で親切になる傾向があると思っていたので)。

食べ物ももちろんおいしいし、中世の気分を味わえるし、これはなかなか、、はまりそう。。カップル以外でいっても十分楽しめるのでは。

スポンサーサイト
別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<北京の人力車 Rikisha | 世界の街角から | ミラノ ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアでおまじない>>
この記事のコメント
はじめまして!あし@から来させていただきました。世界各地を回れるなんて、仕事とはいえうらやましいですねー。
昔から一度はイタリアへ行ってみたいなと思っています。
この中世な雰囲気がたまりませんネ!また遊びに来ます!!
2007-09-19 Wed 20:13 | URL | tochi #-[ 編集] | top↑
こんにちは!どんどんみにきてください。それが書き込む原動力になってますので!感謝です。ギターもがんばってください。
2007-09-22 Sat 12:13 | URL | ラッキー #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。