スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
音楽というもの
2011-02-26 Sat 10:24
もはや、ほとんど独り言ブログになってきました。

たまには、音楽のことも。
最近、昔は大好きだった音楽からちょっと遠ざかっていました。
嫌いになった訳ではなく、余裕がなく。

オフィスが手狭になり、となりのビルに別室を借りて、会議室や臨時の作業場として
つかっているのですが、、

スタッフが、普段あまり人がいないのをいいことに、
80'sをネットFMのを流してたりするので、
久しぶりにYouTube探索をしてみました。

似たようなテーマで過去にもあげたかもしれませんが、、笑 

この2人のピアニストによる同じ曲、リストのカンパネラを聴き比べしてみてください。

Alice Saraさんの演奏によるカンパネラ



Fujiko Hemmingさんの演奏によるカンパネラ


あなたのこころにはどちらがつきささりましたか?

私は、やっぱりフジコさんのピアノが好きです。
言葉でうまくいえませんが、
ほうらうまく弾けたでしょう? みたいな曇りというか邪念が一切感じられないのです。

別にほかの奏者がだめといっているのではないです。
でも、にじみ出るものは、私にはわかります。

人生、こうありたいと、
そう想うこのごろです。

スポンサーサイト
別窓 | etc (その他) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人生とアップルと | 世界の街角から | 日本史の授業 という本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。