スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
きつねさんと稲荷さんと
2010-04-05 Mon 08:47
京都の伏見稲荷です。

桜の季節に、参拝してくることができました。

立派なきつねさんがたくさん。
りりしいというか、ちょっと大きくて、怖い感じも。

きつねが守る稲荷のかみさま
なぜきつねが稲荷の神使(しんし)になったかは、諸説あるようで、どれもピンとはこないのですが、、

まぁ、勝手に顔がちょっと人間に似ていることから
古来の自然信仰のひとつとして根付いたのではないかと思います。

なにより、この鳥居、千本鳥居というそうですが、実際は1万本あるとか!
山の頂上までずーっと続きます。こんなにあるとは。。

その1本1本にスポンサーがついていて、戻り道に同じ鳥居を通ると、しっかりその奉納者の名前が刻んであるのがわかります。途中、鳥居の脚元をふいている人がいて、一体何を?と思ったのですが、戻り道にその謎にも納得。

お稲荷さんで親しまれる全国の稲荷の総本山。

あの映画 SAYURI (Memoirs of a Geisha)で撮影に使われた伏見稲荷。

主人公の千代ちゃんが幼少の頃、ここを駆け抜けるシーンが印象的でした。



Sakura at Inari Kyoto

Torii Inari


スポンサーサイト
別窓 | Japan (日本) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<運命は自分が決めている | 世界の街角から | 京都 祇園 八坂神社での舞妓さんと地方さん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。