スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
運命は自分が決めている
2010-04-09 Fri 18:48
運命は、実は、自分が決めている。

かみさまが、ではなくて。


その人の人生、運勢、すべては、

どんな状況下でも、

その人の気の持ち方ひとつで、良くもなるし、悪くもなるから。


そのことを独立するときに、強く自覚しました。



時は流れて、、

やはりその通りだなと、毎日実感します。



神社やお寺や教会で、

いつも、「世界平和」を願うのは、

それが自分と、

自分が大事にするものや人を守る上で、

これだけは自分の力だけではどうにもならないことだから。


だから、いつも、かみさまにお願いしてます。

それ以外のほとんどのことは、
自分の努力次第で、がんばっていれば、
いつか必ず達成できるから、いちいち、お願いはしない。

そうしないと、かみさまに失礼というか、
かみさまは、きっとそんなに暇じゃないはずだから


徒然なるままに、、、

ラッキー
スポンサーサイト
別窓 | etc (その他) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
きつねさんと稲荷さんと
2010-04-05 Mon 08:47
京都の伏見稲荷です。

桜の季節に、参拝してくることができました。

立派なきつねさんがたくさん。
りりしいというか、ちょっと大きくて、怖い感じも。

きつねが守る稲荷のかみさま
なぜきつねが稲荷の神使(しんし)になったかは、諸説あるようで、どれもピンとはこないのですが、、

まぁ、勝手に顔がちょっと人間に似ていることから
古来の自然信仰のひとつとして根付いたのではないかと思います。

なにより、この鳥居、千本鳥居というそうですが、実際は1万本あるとか!
山の頂上までずーっと続きます。こんなにあるとは。。

その1本1本にスポンサーがついていて、戻り道に同じ鳥居を通ると、しっかりその奉納者の名前が刻んであるのがわかります。途中、鳥居の脚元をふいている人がいて、一体何を?と思ったのですが、戻り道にその謎にも納得。

お稲荷さんで親しまれる全国の稲荷の総本山。

あの映画 SAYURI (Memoirs of a Geisha)で撮影に使われた伏見稲荷。

主人公の千代ちゃんが幼少の頃、ここを駆け抜けるシーンが印象的でした。



Sakura at Inari Kyoto

Torii Inari


別窓 | Japan (日本) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。