スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
英王室による王室チャンネルの開設
2007-12-25 Tue 12:32
ニュースをチェックしていたら、なんかすごいものを見つけました。

http://www.youtube.com/theroyalchannel

イギリスのエリザベス女王がクリスマスのテレビ放送を開始したのは1957年。今年は50周年にあたるそうですが、その映像を王室自らがYou Tubeに公開したというのです。

なんとも、ありがたいというのか、時代はここまできたのか、というべきか。。

早速みてみました。

若々しく、自信に満ちて、いきいきと。若い時から、ほんとにすてきな女性だったんだなぁというのが最初の素直な印象。そんなこといったら生意気!無礼者!と、怒られそうですが><)

でも。But しかし 。

このきれいな英語、きいてみてください。

イギリス人でも、ここまで丁寧できれいで、かつやかりやすい英語話せる人なんて、私はめったに知りません。みなさんもっとなまっています。東京の人が自分の言葉を標準語といってはばからないのと同じでしょう。あれは東京弁ですから。アナウンサーが東京の皆さんの口語でニュース読んだら、えらいことになりますよ。

ちょっと脱線しましたが。

これならイギリスで英語を勉強したい、という若い女性が多いのもうなずけます。今後もっと増えるでしょうね。いいものをみえていただきました。

個人的に、いちばんぐっときた女王の言葉

I can give you my heart.

すごいことをいえるものです。しかもいまからちょうど50年も前に!

他にも、Honest とか、Believeなどの言葉がよくでてきているのも印象的でした。

すてきなクリスマスを。。

May God Bless You All . . .
スポンサーサイト
別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ガブリエルのオーボエ
2007-12-22 Sat 15:51
ミッションという映画で使われていたこの曲。

今回のオーストラリア出張中にゴールドコーストのコンラッドホテルでみたディナーショーでも使われていて。

ジーンときました。宣教師という職業は、信じるもののために、本当にわが身を犠牲にして、一生をつらぬく、そんなすばらしい人間らしい生き方なのですね。

ショーの内容とは関係なかったのですが、この映画のシーンが思い出されて。。

しばし涙してしまいました。。



別窓 | Movie (映画) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
不思議な浮遊体験 バルーニング
2007-12-16 Sun 23:17
今日は、静止画も動画も気球のお話です。

これは海抜1500mまで一度上昇してから、カンガルーなどをみるためにいったん地上すれすれまで高度をさげて、そこから再度上昇中に撮影したものです。

小さくカンガルーもみえました。うまく写ってないかもですが。。

この浮遊感、独特なので、動画といえども、なんかうまく表現できているか、ちょっと自信ないのですが、意外に安定はしています。すーーーーーっつとあがっていき、ゆれはほとんどありません。

地味な乗り物のように思うかもしれませんが、なかなかこのどきどき感は、一度やったらラフティングと同様、はまります。

別窓 | Asia (アジア) | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ベルギーの教会にて (聖ワルブルガ教会)
2007-12-11 Tue 11:43
この11月に出張でベルギーに立ち寄った時のことです。

現地で知り合った方といっしょに、ベルギーのブルージュの街を一緒に散策させていただく機会がありました。

おいしい食事をご一緒させていただき、その後、街を散策しているときに、聖ワルブルガ教会というところにいきました。

私は、教会、ことにヨーロッパの教会が大好きです。

高い天井。

荘厳な空気。

静かに流れている音楽。

自分をみつめるには最高の環境です。

そこで、ひとりの神父に出会いました。

彼が、日本語をすこし話すので、こんなことを聞かれました。

「日本の方は、よくここにきて、きれい、とか、すばらしい、といいます。このきれい、と、すばらしい、の違いは何ですか?」と。

私は答えました。

「きれい、は It's beautiful ! というときにいいます」
「すばらしい、は、It's wonderful, It's splendid, It's marvelous というときに使います。」:

と。

その方は答えました。
「おぉ! ありがとう。私は、あなたを忘れません。」

私も彼のことを忘れないでしょう。

God bless you all ...


別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
現状から飛び出してみる
2007-12-08 Sat 17:23
Under the Tuscan Sun (邦題:トスカーナの休日

という映画がありましたね。ビデオになってからみましたが、とても好きな映画のひとつです。こちらにいい解説がありましたのでリンクしておきます。

見たことがある女優さんだなぁぐらいにしか思ってなかったのですが、主演はあの大女優 Diane Laneさんだったんですね。今頃気がつきました。たしか、昔、日本の某ダイヤモンド販売会社のCMにもでていたような記憶が。。。

私がイタリアびいきなのには、いろんな理由があります。

もちろん、最終的にはここに住もうと思っているから、というのもありますが、そう思うにいたる過程は、いろんなことを経験して、のことです。

まず、なによりも、人と自然が一体になって調和していること。

次に、ヨーロッパはもとより世界でももっとも長い歴史を誇る国のひとつであること。

そして、決定的なのは、四季があり、太陽がいつもいっぱいなこと。

古代ローマ帝国の繁栄が、いまのヨーロッパの基礎をつくったと考えている私にとっては、その古の都であるローマ、そして、ローマにも近いトスカーナは、最大の憧れの地、なのです。でもなによりも、人々がよそものに対してでも、やさしい、というのが最大の決め手でしょうか。

食事のおいしさ、そしてデザインセンスの良さ、ビジネス的にみても、まだまだ宝の山、、などなど。私を惹きつけない理由はほとんどNothingです。

さて ところで by the way,

この映画は主人公のフランシスが離婚で落ち込んでいるところを友人たちから一人旅をプレゼントされ、トスカーナにいく、というところから話がはじまります。

そんなふとしたきっかけでイタリアにいき、そこで思ってもいなかったことをきっかけに第二の人生がはじまる。。

とても、すてきなストーリーで、実際に実現させることができたらすてきだなぁとも思う、そんなお話です。

秋をすぎて、もはや冬ですが、このこころあたたまる映画をみて、またイタリアファンが増えてくれたらうれしい限りです。


別窓 | Movie (映画) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
カナダでのスキー
2007-12-01 Sat 17:04
西海岸にあるバンフやウイスラーからもそう遠くないカナダ西部の小さな街、サンピークス(Sun Peaks)スキー場。

ここでは、1968年冬季オリンピック、ジャイアントスラロームの金メダリストとして有名な、ナンシーさん(Nancy Catherine Greene)と出会いました。

そして、なんと、名誉あることに、彼女から「教えてあげるからついてきなさい」と、個人レッスンをいただきました。

もう64歳にはなるはずの彼女の身のこなしは、とてもそうはみえず、体力的にも、もちろん技術はいうにおよばず、とてもなめらかで、エレガントな滑りをされていました。無駄の一切ないその華麗なスキーさばきを目の当たりにできただけでも幸せなのに、、個人レッスン。。


この動画は、このレッスンを受ける前に、午前中別の若手の先生に個人レッスンを受けた際、比較的傾斜の低いところで撮影したものです。

カナダの雪は、まさにパウダースノー。

きゅっ、きゅっ、と片栗粉を踏みしめるようなここちよい感触がいまの足に。

また、そんなに混んでもおらず、またスキー場のスタッフの気遣いが実にやさしくて、思わずこちらも笑顔になります。

はるばるカナダにくる価値あり、とそう思えた体験でした。


別窓 | America (アメリカ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。