スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジュラシックパークの故郷 ハワイ クアロア牧場
2007-09-29 Sat 20:07
なつかしいですね。ジュラシックパーク。この撮影でつかわれたハワイのオアフ島にあるクアロア牧場(Kualoa Ranch)は、馬にのったり、四輪駆動のバギーにのれたりと、かなりアクティビティ度満点な人気スポット。

メインランド(アメリカ本土)西海岸にいくなら、Universal Studioでも映画のシーンの疑似体験ができますが、雄大さからいえば、できればこちらにいきたいものです(実は、、まだいったことがない。。何度もハワイにいってるのに。。)

この原始をおもわせる緑色の切り立った崖っぷち、がいいですよねぇ。来年、ハワイオフィスにいったときにはみてきます。


スポンサーサイト
別窓 | America (アメリカ) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
映画女優 ゆかりの地をたずねて
2007-09-28 Fri 18:21
Julia Robertsさんの別荘のお話(そういえば彼女はアトランタの出身)。

あれは3年前、ビジネス交渉で、モンタナ州を訪れた際、地元のBankerの紹介で、White Bare Lakeという高級別荘地帯に、ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)さんの別荘をみにいったことがありました。

湖上からでしたが、簡素で、でもしっくりとまわりの風景になじみ、それはなんともわびさびを感じさせる豪華さでした。

どうせ、世界を旅するなら、自分の好きな映画や俳優や女優ゆかりの地まで、ちょっと足を伸ばしてみるのも素敵です。





別窓 | America (アメリカ) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ロンドン・パリ間はユーロスターが速い!
2007-09-26 Wed 18:30
ロンドン、パリ、いわずとしれた世界の大都市。いま現地のビジネス客だけでなく、レジャー客からの評価も高いのが、このユーロスターです。

なんと、ロンドン・パリ間がたったの2時間15分!まるで東京・名古屋間みたいな感じじゃないですかっ!

前回の出張時にぜひ乗りたかったのですが、残念。。
今度11月に欧州出張を控えているので、今度こそ、のってきて、レポートします。

別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドイツといえばアウトバーン (autobahn)
2007-09-25 Tue 19:24
今日は、ちょっと毛色の変わった話をひとつ。

ドイツは、「偉大な田舎」、そう思ったのははじめて仕事でいった1997年でしたでしょうか。マーケティングのお仕事でクライアントの自動車会社本社にプレゼンにいったのが最初だったと思います。

そこで当然ながら、レンタカーを借りて、その本社までいったわけですが、最初は、まじめに、びびりました。

というのも。

普通のファミリーカーの巡航速度がだいたい220~250km/h(時速)。速いスポーツカーだと楽に300km/hはでてる。まぁ、普通には日本じゃありえない光景がごくあたりまえのようにそこにあったのです。

何回かドイツ出張するたびに、その訳(必然性)がわかってきました。だいたいドイツの各都市はkmにしてそうですね、500km前後はお互いに離れているでしょうか。これは実に中途半端な距離で。飛行機だと近すぎる(離陸してすぐに着陸みたいな)、またチェックインの時間や空港へのアクセスを考えると、結構ばからしい(東京と名古屋/大阪間のイメージ)。だったら陸ですよね。

そこでハイスピードでも安定してはやくつかれず到着できるツーリングカーのニーズが高まったのだと思います。

でも、こんな映像みても、よい子の皆さん!は、日本で同じことをしないように。。

別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
あぁ!憧れのアマンホテルでバカンス?!
2007-09-22 Sat 12:19
アマンホテルを知っているかたはかなりの海外旅行通ではないでしょうか?世界中に数はそんなにないですが、これは秘境!というところにはだいたいあります。個人的にぜひいってみたいのはインドかなぁ。。あのテント、とまってみたい。。

さて、超高級ホテルでのバカンスとは?のテーマで3年前にバリのアマヌサに一泊だけ宿泊したことがあります。一泊だけしたのは君がはじめてだと、オーナーに笑われましたが。。

どこまでも横にのびる地平線、水平線、、、あ~ぜいたくな時間でした。。またいきたい。

別窓 | Asia (アジア) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
タイ料理 MKレストランでタイスキ
2007-09-21 Fri 20:58
タイには、とても有名なタイスキのレストランがあります。タイ風スキヤキという意味らしいのですが。

でも、実態はしゃぶしゃぶです。現地ではなんとこれのオリジンが日本食だということのようですが、実際には中国広東鍋料理がそもそものオリジンのようです。まったく食の文化はどこでどうすりかわるか、わかったものではないですね。

タイにいったら、必ずといっていいほど、お世話になります。味はまぁ淡白なので、自分で好きなタレ?をつけてたべます。オレンジ色したタイの香辛料もいいですが、やっぱり醤油でたべたくなるのは日本人だから?

別窓 | Asia (アジア) | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
北京の人力車 Rikisha
2007-09-20 Thu 17:19
中国の北京で、昔の風情が残っているところとして有名な地域があります。フートンと呼ばれている一帯ですが、ここでは、人力車、略してRikisha というサービスがあります。1時間コースとか2時間コースとか、いろいろあって、夕方4時ぐらいまでなら、たぶん飛び込みでたずねてもうけてくれると思いますが、今回は信頼できそうな取引先候補をチェックを兼ねて使ってみました。

さて、感想としては。決してスピード感はないのですが、なんかこう、、少しだけえらい人になった気分が味わえました。人が人を運ぶというか(ひっぱる?)この感覚。昔の中国の皇帝は、こんな身分だったのだろうかと、ふと古(いにしえ)に思いを馳せるのでした。

この右側の池?みたいなところ、后海というそうですが、昔モンゴルの人がこの地を攻めてきた際、海をみたことがなかったせいで、こんな小さな池を「海」と勘違いしたとか。それで今でも前海、后海とかいう名前が残っているのだそうです。面白いですねぇ。

左手にみえているのは夜にはカフェやバーになるそうで、地元人憩いのデートスポットだそうです。

別窓 | Asia (アジア) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
中世の面影を感じるヴェネツィア(ベニス、ベネチア)
2007-09-19 Wed 10:39
ベネチア(ヴェネツィア)、ベニス、いろんな言い方があり、古くから商業立国としてその名を馳せたイタリアの人気都市ですが、私はなぜか、まだ一度もいったことがなかったのです。

そして昨年末、ついに念願かない、欧州歴訪中に立ち寄ることができました。ミラノから電車でいったのですが、イタリアは遠距離の列車チケットを当日でも簡単に駅構内の自販機で買えるので、言葉がしんどい外国人客でもかんたんに自分でチケットを買える点がすばらしい(とかいってまたイタリアびいき;;)。

さて、列車ではいったヴェネツィア。すぐに友人が迎えにきてくれ、ホテルに。ところがなんと予約がとれてなかった(実は自分のミスだったことに後で気がつく)。そこはなんとか交渉して、普段使わせないという部屋をひとつ無理にあけてもらえた。すごくゴージャスな部屋で、でもなぜかシャワーだけがなかったんですね。翌日すぐチェンジしてもらえましたが。

さて、街の第一印象は、ある意味とても欧州らしい都市だということです。まるで時間がとまったかのような印象を受けます。迷路のような道は自分の宿泊ホテルに戻るのさえ邪魔するかのよう。そして人々が予想以上にやさしくてあたたかい。イタリアでは北部の方なのに(これは私の偏見ですが、南にいくほどイタリア人は陽気で親切になる傾向があると思っていたので)。

食べ物ももちろんおいしいし、中世の気分を味わえるし、これはなかなか、、はまりそう。。カップル以外でいっても十分楽しめるのでは。

別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ミラノ ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアでおまじない
2007-09-18 Tue 21:03
ミラノはイタリア北部にあって、偏見を恐れずにいえば、イタリアのなかでは一番の都会っぽい都市だと思います。

そのミラノ市街で一番人があつまるところは、きっとこのガッレリアでしょう。ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアが正式名称ですが、ちょっと長すぎますよね。イタリア王国の初代国王として有名な人物の名前なのでイタリア中あちこちで通りの名前なんかにでてくるので、せっかくなら覚えてしまいしょ。

さてさて、この映像でなにやら観光客とおぼしき人々がなにやらおかしなクルクルダンスをしてますね。これは、どうやら自分の足のかかとをこの牡牛?の大事な(?!)ところにつけてぐるっとまわるといいことがあるらしい、、ということまではわかったのですが、一体どんなご利益があるのやら。。ご存知の方、ご教示ください!


別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パリのキャバレーショー
2007-09-17 Mon 12:54
キャバレーという言葉は日本では死語になりましたよね。でもフランスではいまでもしっかりとした伝統のナイトショーとして圧倒的な人気です(まぁ、宝塚とは性格が異なりますが)。

私が見る限り、これは社交場のひとつのエンターティンメントではないかと思います。きている客層をみればそれがわかります。もちろん旅行客も多いのですが、でもカップルが多いこと(年代も若い層から熟年まで多彩)や、若者数人でのグループも結構いることから、そう判断しています。

もちろんかぎりなくセクシーさを演出するために全身かなりきわどいところまでだしていますが、見ているときは不思議にあまりそんな気分にはならないというか、むしろ既婚夫婦への刺激ショーなのでは?と思ったりもして。ぜひご自身でご覧になってみてください。ダンサーは一流ですからそれも見ごたえあります。

今回の映像は、パリの2大ショーのひとつ、シャンゼリゼ通りにある LIDO です。Moulin Rougeと並んでMust Seeのひとつです。



別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グアム チャモロビレッジ ナイトマーケット
2007-09-15 Sat 13:46
グアムには、チャモロ族というローカルの人たちがいまでも住んでいます。取引先の方でチャモロの人がいたので、彼にチャモロとは、を教えてもらったときのこと。

グアムはいまはアメリカ合衆国自治領ですが、もともとは自分たちの国があった。それがある日いきなり今日から君たちはアメリカ人だと。考える間もなく統合されてしまった。

一方、同じチャモロ族が住むお隣りのサイパン島では、住民にアメリカ国籍がほしいかどうかを考えさせる時間を与え、その結果、自らの意思でアメリカ統治を受け入れた。だからサイパンのチャモロ族に国籍を聞くと「アメリカ人」と答え、グアムのチャモロ族に同様に聞くと、「チャモロ人」と答えると。

下記のビデオは今年7月にグアム出張の際、ホテル近くにあるチャモロビレッジにレンタカーでいって、ナイトマーケットを見に行った時に開催されていたダンスコンテストです。派手さはありませんが、とっても素朴でローカルの若いチャモロ族の人たちのパフォーマンスをみることができました。たまにはこういうのもいいですね。ほほえましいショーで親御さんがやんやの歓声でした。

別窓 | Asia (アジア) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
New Yorkのバイカー
2007-09-15 Sat 11:17
ニューヨークにいったことがありますか?最初は、2階建てバス(オープントップ、またはダブルデッカーといいます)で市内観光したり、地下鉄を乗り継いでマンハッタン島の見所を自分で回るのも楽しいものです。

慣れてきたら、ぜひチャレンジしてほしいことに、自転車、があります。レンタル屋さんもありますから、手軽に借りて乗ってみると、行動範囲が広がります。とくにセントラルパーク周辺は見所も多いので、自転車一台あると、結構楽しい。

今回You Tubeからひっぱってきた映像は、メッセンジャーの街乗りの様子です。かなりひやひや感もありますが、爽快なロードライディングがうらやましいですね(とはいってもあからさまな逆走などは、ちょっといただけない一面も)。


別窓 | America (アメリカ) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
北京の地下鉄
2007-09-12 Wed 10:27
中国の北京は、いまたいへんな勢いで日々変化しています。今年6月に仕事で訪問した際、渋滞のタクシーよりも時間が読めて確実なのでよく地下鉄を利用しました。

毎回切符を買うのも言葉が大変なので、思い切ってカードを買いました。日本のSuicaと同じで非接触型。これはもうほとんどアジアのスタンダードになりつつあります(香港もタイもそう)。

さて、その地下鉄社内でよく見かけるのが車窓広告です。成田Expressで成田空港到着前のトンネルででてくる、あれ、です。その映像をYou Tubeから拝借してきました。

いま、中国では北京オリンピックに向けて、街の外壁をきれいにするとか、街路樹を植えるとか、マナーをよくするためのルールをつくるとか、結構がんばってます。そのせいで、街中すごい埃で、コンタクトレンズをしているとほぼ数分おきに目にごみがはいって大変でしたが。。

でも、電車に乗るときは、これまではなかったらしい「ここで並んでレーン」の線が引いてあります。これは順番に並ぶという概念があまりない中国では画期的なことなのだそうです(現地駐在員の話)。
実際、ある程度は並んでいる人もいるようでした。

いろいろなことがきっかけで、都市は発展し、かつお互いに似ていくのが文明の常なのでしょう。なんか微妙な気持ちになります。

別窓 | Asia (アジア) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
一生に一度はぜひ! 青の洞窟 イタリア
2007-09-11 Tue 15:18
はじめて「青の洞窟」という言葉を知ったのは、確か渋谷にあるパスタ屋の名前だったような気がします。それが、イタリアに実在する有名な本当の洞窟と知ったのは、結構最近だったかもしれない。

洋書で、「一生のうちに必ずいっておくべき100の場所」とかいうのがででてますよね。当然そこにも入っていると思いますが、私が世界の The top 10 great places you must visit in your lifetime. を選ぶとしたら、やはりこの青の洞窟はいれます。

何がすごいかというと、やはりこの「深いのに透き通っている」青さ、これにつきます。いま目をつぶっても思い出せるあの印象的な青。とても人工的にはつくれない色ではないかと。

ローマからナポリを経て、(往復)計13時間もかかったけど、それだけの価値あり! 撮影時期は2006年11月で、冬にもかかわらずラッキー!なことに無事青の洞窟内にはいることができ、この幻想的な青い波の色をみることができたのでした。こんなに時間をかけていったのに中にいたのは3分足らず。。でも去年いったところではダントツのNo.1のところでした。それにしてもなんと小さな入り口。。

別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
シンガポール航空
2007-09-08 Sat 12:06
SQの略称でも親しまれているシンガポール航空は、いろんな雑誌メディアでも、常にユーザの満足度(CS調査)で上位に常連として君臨するシンガポールの大手航空会社。

「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」を標榜するだけあり、なかなかやる気まんまんな航空会社です。そうそう、あの最新鋭エアバスもいよいよ導入するとか、乗ってみたいですね。

そのシンガポール航空が確か昨年やっていたWorldwideなコマーシャルがこれです。

なんか、世界中を旅したくなってきませんか?いつみても癒される映像で、私は大好きです。


別窓 | Asia (アジア) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アジアの楽しさ
2007-09-07 Fri 15:46
台風も過ぎ去った東京に、アジアの嵐をご紹介。いえいえ、そうではなくて、アジアのボート観光をご紹介しましょう。

この動画は、昨年タイのプーケット島へ行った際に撮影したものです。目的地はジェームズボンド島というところで、007シリーズで撮影された有名なロケ地のようなのですが、前評判通り(?)その場所よりも途中のボートですっとばす部分がとっても楽しかったので、公開してみました。

最近、ほんとに便利になったもので、ブログを書くのもそうですが、いまはmixiやYou Tubeを情報の保管庫にしているので、思い立ったらすぐにブログに書けるんです。いい時代になったものです。

別窓 | Asia (アジア) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パバロッティ 永遠のテノール
2007-09-06 Thu 16:23
三大テノールといえば、プラシド・ドミンゴさん、ホセ・カレラスさん、そしてLuciano Pavarottiさん。

一度でいいから本人の歌を生で聞きたかった。

パバロッティさんのことを知ったのは、たしか10年ぐらい前だったでしょうか。当時、彼の通訳として日本にきていた女性がたまたま知り合いで、そんな人がいるんだと。それまではオペラもオペラ歌手もほとんど知りませんでした。

今では、オペラに興味津々。でもまだ残念なことに、ほんもののオペラは一度もみたことがなく、昨年11月に仕事でミラノにいった際、絶対みよう!と。でも、シーズン前で、ギリギリやってなかった。残念でした。

私が、一番好きなのは「誰も寝てはならぬ」by ジャコモ・プッチーニ 『トゥーランドット』(Turandot)です。荒川静香選手が選んだ曲なので、知っている方も多いでしょう。

別窓 | Europe (ヨーロッパ) | コメント:4 | トラックバック:3 | top↑
| 世界の街角から |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。